外苑前で始める顎関節症へのアプローチ

query_builder 2024/04/12 歯周病 顎関節症 虫歯 矯正
画像3501
画像3502
顎関節症への理解と克服のための情報を集めました。外苑前での治療法や自宅でのケア方法から始まる顎関節症ケアの旅を一緒に歩んでいきましょう。
歯科石上医院
logo
米国補綴専門医を中心としたチーム診療にて、一般歯科から難症例まで高度な治療を行っております。青山に歯医者を構え、自由診療をメインに行うことで、地域の皆様の美しく健康的な歯を維持してまいります。
歯科石上医院
住所:

〒107-0062

東京都港区南青山5丁目14-4

電話番号:
03-3409-6889

顎関節症の理解

顎関節症の具体的な症状とその原因無料症状から解説します。

顎関節症とは

顎関節症とは、顎の関節が炎症や機能障害を起こす状態を指します。この症状は、顎関節や咬筋、咬合関係に問題や異常が生じることで現れます。

顎関節症の一般的な症状には、顎の痛みや張り感、開閉困難、顎関節の音(クリック音や異音)などがあります。また、顎関節症は口を開けるときや噛むときに痛みを感じることも少なくありません。

顎関節症の原因は複数あります。その一つがストレスや精神的な要因であり、歯ぎしりや噛みしめによって顎関節に過剰な負担がかかることが原因とされています。さらに、顎関節のゆがみや咬合の不均衡、ケガや外傷、関節の変形や炎症なども原因として考えられます。

顎関節症は、日常生活にもさまざまな影響を与えることがあります。例えば、口を開け閉めすることが困難になり、食事や会話に支障をきたすことがあります。また、顎の痛みや違和感があるため、睡眠の質にも影響を及ぼすことがあります。

外苑前では、顎関節症に対するアプローチや治療法が提供されています。歯科での治療や鍼灸などの専門的な治療が行われています。また、自宅でのケア方法や予防法もあります。

顎関節症への理解は、適切なケアや治療のために非常に重要です。外苑前での情報や対策を知ることで、顎関節症の症状を軽減し、生活の質を向上させることができるでしょう。

顎関節症の原因

顎関節症の原因はさまざまです。まず一つ目の原因として、歯ぎしりや噛みしめが考えられます。ストレスや不安などの精神的な要因によって、無意識のうちに歯ぎしりを行うことがあります。この歯ぎしりや噛みしめによって、顎関節に負担がかかり、炎症や機能障害が引き起こされることがあります。

二つ目の原因として、顎関節のゆがみや咬合の不均衡が挙げられます。顎関節の位置が正常でない場合や、上下の歯がきちんと噛み合っていない場合には、顎関節への負荷が増えることがあります。これによって顎関節症が発生することがあります。

三つ目の原因として、ケガや外傷が考えられます。事故やスポーツなどで受けた顔面の打撲や骨折が、顎関節にダメージを与えることがあります。また、長期間にわたる間違った姿勢が、顎関節周辺の筋肉や関節に影響を与え、顎関節症の原因となることもあります。

四つ目の原因として、関節の変形や炎症が考えられます。関節の変形は先天的な要因や加齢によって引き起こされることがあります。また、関節周辺の組織に炎症が起こることで、顎関節症が発生することもあります。

顎関節症の原因は一つに絞られることはなく、複数の要因が組み合わさることが多いです。したがって、顎関節症の解決を目指す際には、それぞれの原因に対して適切な対策を行う必要があります。

外苑前では、顎関節症の原因に応じた治療法が提供されています。歯科での治療や鍼灸などの専門的な治療によって、原因の改善や症状の緩和を図ることができます。それに加えて、日常生活での予防策も意識することが大切です。外苑前での顎関節症へのアプローチを通じて、快適な口の動きと健康な顎関節を取り戻しましょう。

顎関節症の克服

顎関節症を克服するための方法をケアと治療の観点から紐解きます。

日常でできるケア

日常生活で行えるケア方法を紹介します。顎関節症の日常ケアは、症状の軽減や症状の悪化を防ぐために非常に重要です。

まず、食事に気を付けることが大切です。硬い食べ物や大きなかみつきを避け、柔らかい食材や小さな切り口で噛むようにしましょう。また、適度な栄養バランスを意識した食事を摂ることも重要です。野菜や果物、食物繊維をしっかりと取り入れ、健康な体を維持しましょう。

次に、噛みしめや歯ぎしりを抑えるための対策を取ることも効果的です。ストレスを抱えている場合は、ストレス解消法を取り入れることが重要です。リラックスするための方法やストレスを発散する方法を見つけて実践しましょう。また、就寝時には歯ぎしりを防ぐためにマウスガードの使用を検討してみるのも良いでしょう。

さらに、顎の筋肉をほぐすストレッチや体操を行うこともおすすめです。例えば、顎を左右に広げたり、前後に動かしたりするストレッチを行うことで、筋肉の緊張をほぐすことができます。また、ストレッチや緩めの体操を行うことで、全身のリラックスを促すこともできます。

日常ケアの中でも、良い姿勢を保つことも重要です。良い姿勢を保つことで顎関節への負担を軽減できます。デスクワークやスマートフォンの使用時には、姿勢を正しく保つように心がけましょう。

外苑前では、顎関節症の日常ケアに適したアドバイスや指導が受けられます。歯科や鍼灸などの専門家に相談し、適切なケア方法を学んで実践しましょう。

日常ケアは顎関節症の改善に向けた重要な一歩です。外苑前での治療と日常ケアを組み合わせることで、より効果的な結果を期待することができます。日々のケアをしっかりと行い、顎関節症と上手に向き合いましょう。

専門的な治療

専門的な治療方法についてご紹介します。顎関節症の症状を軽減するためには、専門家の治療を受けることが有効です。

まず、歯科での治療が一般的に行われます。歯科医師は口腔内全体の治療を行い、顎関節症の症状を改善する手助けをします。具体的な治療方法としては、口腔内の咬合関係を調整するための義歯やマウスピースの装着、歯の調整や矯正治療があります。これらの治療によって噛む力や咬合のバランスを整え、顎関節への負担を軽減することができます。

また、鍼灸による治療も効果的です。鍼灸師は顎関節周辺の筋肉や神経にアプローチし、血流や筋肉の緊張を改善します。鍼による刺激やお灸による温熱療法などを組み合わせることで、顎関節症の症状を和らげることができます。鍼灸治療は個人の症状や状態に合わせた施術を行うため、専門家との相談が重要です。

他にも、口腔外科などの専門医の治療や理学療法士による運動療法もあります。口腔外科では、手術や顎関節の矯正などを行い、症状の改善を図ります。一方、理学療法士は適切なトレーニングやエクササイズを指導し、顎関節の機能を回復させる手助けをします。

外苑前では、これらの専門的な治療法を提供しています。専門家の診断と指導を受けながら、適切な治療法を選びましょう。

専門的な治療は個々の症状や原因によって異なる場合があります。ですから、自己判断せずに専門家のアドバイスを受けることが重要です。外苑前の専門家の手厚いサービスを受けながら、顎関節症の治療・改善に取り組んでいきましょう。

メニューから学ぶ

治療を選ぶ際の参考になる治療メニューを解説します。

歯科での治療

歯科での治療についてご紹介します。歯科医院では、顎関節症の症状を改善し、患者の快適な口の動きを取り戻すためにさまざまな治療法が行われています。

一つ目の治療法として、マウスピースや義歯の使用があります。これらの装着によって、咬合(かみあう)のバランスを整えることができます。個々の患者に合わせたマウスピースや義歯を作製し、咬合の不均衡を補正することで、顎関節への負担を軽減する効果が期待できます。

二つ目の治療法として、歯の調整や矯正治療があります。歯科医師は歯の位置を調整し、正常な咬合を実現することで、顎関節症の症状を改善します。歯の矯正や歯の形成などの治療を行うことにより、顎関節への負荷を軽減し、口の動きをスムーズにすることができます。

また、歯科医院では口腔マッサージや物理療法も行われています。顎関節周辺の筋肉や関節に対して、手技療法や温熱療法を施すことで、血行を促進し炎症を抑える効果があります。これによって、顎関節症の症状を和らげることができるでしょう。

歯科での治療は、患者の症状や状態に合わせて適切な方法を選択することが重要です。歯科医師は正確な診断を行い、最適な治療プランを提案してくれます。外苑前の歯科医院では、顎関節症に対する経験豊富な医師が丁寧に治療を行っています。

自宅でのケアと歯科での治療を組み合わせることで、さらに効果的な結果を得ることができます。定期的な歯科検診や治療の受け入れに加え、口の健康を維持するために適切なケアを行いましょう。外苑前の歯科医院で専門家の指導を受けながら、顎関節症の治療に取り組んでいきましょう。

鍼灸での治療

鍼灸での治療についてお伝えします。鍼灸は、伝統的な東洋医学の一部であり、顎関節症の症状の改善に効果があります。鍼灸師は、経絡やツボに対して鍼を刺入し、筋肉の緊張を緩めたり血流を改善したりすることで、顎関節症に対する治療を行います。

鍼による治療は、個々の患者の症状に合わせて行われます。鍼を刺すツボの選定や刺激の強さは、鍼灸師の技術と経験によって決まります。顎関節周辺の筋肉や組織に鍼を刺激し、血流を促進することで筋肉の疲労を軽減し、炎症を抑える効果があります。

また、鍼灸治療には他の手法も組み合わせられることがあります。例えば、温熱療法や電気刺激療法を組み合わせることで、より効果的な治療が行われます。温熱療法は、顎関節周辺の血行を促進し、筋肉のリラックスを促す効果があります。電気刺激療法は、筋肉の収縮や痛みの軽減を促す効果があります。

鍼灸治療は個人の症状や状態によって異なる場合があります。ですから、鍼灸師との相談や診断を受けることが重要です。外苑前には、顎関節症に精通した鍼灸師が在籍する施設があります。専門家の治療を受けながら、患者自身も日常生活での予防策やストレッチなどを取り入れることで、顎関節症の改善を促すことができるでしょう。

鍼灸治療は身体全体のバランスを整えることで顎関節症の症状を改善するため、多方面からアプローチすることが特徴です。外苑前の鍼灸施設で専門家の手厚いサービスを受けながら、顎関節症の治療に取り組みましょう。

顎関節症とお口の健康

虫歯や歯周病と顎関節症の関連から歯の健康を保つ重要性を認識します。

虫歯と顎関節症

虫歯と顎関節症の関係についてお伝えします。虫歯は歯の表面を侵し、歯の組織を傷つける病気です。虫歯が進行すると、歯の根元や神経にも影響を及ぼすことがあります。これに対し、顎関節症は顎の関節に炎症や機能障害を起こす状態を指します。

虫歯と顎関節症は、お互いに影響し合うことがあるとされています。まず、虫歯が顎関節症を引き起こすケースがあります。虫歯による歯の痛みや感染が、顎関節周辺の筋肉や関節に炎症を引き起こすことがあります。虫歯が進行し、歯の根元や神経が痛みを引き起こす場合には、顎の動きが制限され、顎関節症の症状が現れることがあります。

一方で、顎関節症が虫歯の発生を促進することもあります。顎関節症によって噛む力や咀嚼(そしゃく)のバランスが乱れると、食べ物のかみ砕きが不十分となり、虫歯のリスクが高まることが考えられます。また、顎関節症に伴う口の開け閉めの困難さや痛みがある場合、歯磨きや口腔ケアが不十分になることがあるため、虫歯の発生が増える可能性もあります。

虫歯と顎関節症は共に口の健康に大きな影響を及ぼすため、予防が重要です。定期的な歯科検診や適切な歯磨き、栄養バランスの取れた食事などを心がけることで、虫歯や顎関節症の発症リスクを低くすることができます。

外苑前の歯科医院では、虫歯と顎関節症の治療や予防についてのアドバイスを受けることができます。自身の口の健康に気を配りながら顎関節症との関係を理解し、口のトラブルを予防しましょう。口の健康が維持されることで、顎関節症の症状も改善される可能性があります。

歯周病と顎関節症

歯周病と顎関節症の関係についてお伝えします。歯周病は歯茎の炎症や歯周組織の破壊を特徴とする病気で、放置すると歯を失う原因となります。一方、顎関節症は顎の関節に炎症や機能障害を引き起こす状態を指します。

歯周病と顎関節症は、お互いに影響し合うことがあります。まず、歯周病が顎関節症を引き起こすケースがあります。歯周病によって歯茎が炎症し、歯周組織の破壊が進行すると、周囲の組織が腫れたり痛みを引き起こしたりする場合があります。この炎症が顎関節にも広がることで、顎関節症の症状が現れることがあります。

また、顎関節症が歯周病の発生を促進することもあります。顎関節症によって咀嚼(そしゃく)やかみ砕きが制限されると、食べかすや菌が歯と歯茎の間に溜まりやすくなります。これによって、歯茎に炎症や感染が起こり、歯周病のリスクが高まることが考えられます。

虫歯同様、歯周病と顎関節症の予防は重要です。歯周病の予防には定期的な歯科検診や適切な歯磨き、歯間ブラシやフロスによる歯の掃除が必要です。さらに、顎関節症の予防も意識することが大切です。ストレスの管理や噛みしめ・歯ぎしりの習慣の抑制、正しい姿勢の保持などを心がけましょう。

外苑前の歯科医院では、歯周病と顎関節症の治療や予防についてのアドバイスを受けることができます。定期的な歯科検診と歯周病の管理、顎関節症の原因となる習慣の改善などを通じて、歯と顎の健康を維持しましょう。それによって、虫歯や歯周病の発生リスクを低くし、顎関節症の症状も軽減できる可能性があります。

歯ぎしりと顎関節症

多くの人が無自覚に行なっている歯ぎしりが顎関節症に与える影響を学びます。

歯ぎしりの影響

歯ぎしりの影響についてお伝えします。歯ぎしりは無意識に行われる習慣であり、夜間に特に多く見られます。歯ぎしりは顎関節症の症状の一つとしても知られており、それによってさまざまな影響が生じることがあります。

まず、歯ぎしりが顎関節症を引き起こすメカニズムについて説明します。歯ぎしりによって顎関節に過度な圧力がかかり、関節や周囲の組織に負担がかかることがあります。長時間にわたって歯ぎしりが続くと、顎関節の炎症や機能障害が起こる可能性があります。

歯ぎしりが顎関節症に与える影響はさまざまです。まず、顎の痛みや顎関節の不快感が現れることがあります。さらに、顎の可動域の制限や開閉困難が生じることもあります。また、顎関節症によって耳や頭部に痛みや違和感が生じることもあります。

それだけでなく、歯ぎしりは歯にも悪影響を与えます。歯ぎしりによって歯の表面が摩耗し、歯に亀裂や割れが生じることがあります。また、歯ぎしりによって歯の根元や神経にダメージが与えられ、虫歯や歯周病のリスクが高まることも考えられます。

歯ぎしりが顎関節症に及ぼす影響を軽減するためには、適切な対策が必要です。まず、ストレス解消法を取り入れることが重要です。ストレスが歯ぎしりの原因となることがありますので、マッサージやウォーキングなどのリラクゼーション方法を試してみましょう。

また、就寝時にはマウスガードの使用を検討することも有効です。マウスガードは歯の表面を保護し、歯ぎしりによる摩耗やダメージを軽減する効果があります。歯科医院での作成や市販のものを使用することができます。

外苑前では、歯ぎしりに対するアドバイスや治療が行われています。歯科医師や歯科衛生士に相談し、適切なケア方法を学びましょう。歯ぎしりの影響を軽減することで、顎関節症の症状の軽減や口の健康の維持につなげることができます。

ボツリヌス療法の可能性

ボツリヌス療法が歯ぎしりに対する新たな選択肢として注目されています。ボツリヌス療法は、ボツリヌス菌から抽出した物質を筋肉に注射することで、筋肉の緊張を一時的に緩める治療法です。

ボツリヌス療法は主に美容や筋肉の疾患の治療に使用されてきましたが、最近では歯ぎしりの治療にも応用が広がっています。ボツリヌス菌を顎関節周辺の特定の筋肉に注射することにより、歯ぎしりの原因である筋肉の緊張を和らげることができます。

この治療法の利点の一つは、即効性があることです。ボツリヌス菌が筋肉に作用すると、筋肉の収縮が抑制され、歯ぎしりの症状が軽減されることがあります。また、効果は一時的ではありますが、長期的な効果も期待できる場合もあります。

ボツリヌス療法は、個々の症状や状態によって異なる効果を示すことがあります。そのため、歯科医師や歯科専門家と相談し、適切な治療法を選択することが重要です。

外苑前では、ボツリヌス療法を取り入れた歯ぎしりの治療が行われています。専門的な知識を持つ医師が、患者の症状に合わせて治療プランを立て、適切な施術を行っています。

ただし、ボツリヌス療法には副作用やリスクも存在します。注射部位の腫れや赤み、一時的な筋力低下などが報告されています。したがって、治療を受ける際は、医師との事前の相談や適切な診断が重要です。

ボツリヌス療法は、歯ぎしりに対する新たな選択肢として期待されていますが、効果やリスクについては個々の状態によって異なるため、専門家の指導のもとで適切な判断を行うことが大切です。

矯正と顎関節症

歯並びが顎関節症に影響を及ぼすことを理解し、対策を考える展開にします。

矯正の必要性

矯正の必要性についてお伝えします。歯並びの不正や咬合(かみあう)の問題は、顎関節症にも関連しています。咬合や歯並びの問題は、顎関節に負担をかけることがあり、その結果として顎関節症の症状が現れることがあります。

まず、歯並びの不正が顎関節症に与える影響について説明します。歯並びが乱れていると、噛み合わせが正しくなくなるため、顎関節に過度の負担がかかる可能性があります。不正な歯並びや咬合は顎関節の位置や動きに影響を与え、顎関節症を引き起こすリスクを高めることがあります。

また、顎関節症によっても歯並びや咬合の問題が引き起こされることもあります。顎関節症によって顎の動きや位置が制限されると、噛み合わせが不調和となり、歯並びにも影響を与えることがあります。顎関節症によって歯並びが悪化したり、咬合のバランスが崩れたりすることがあります。

矯正治療は、歯並びや咬合の問題を改善するために行われます。矯正治療は、歯の動きを制御する装置やブラケットを使用し、歯の位置を正常に整えることで、咬合や歯並びを改善します。これによって顎関節にかかる負担を軽減し、顎関節症の症状を緩和することが期待されます。

矯正治療は、美しい歯並びを得るだけでなく、顎関節症の予防や症状の改善にも役立つ重要な治療法です。外苑前には、経験豊富な歯科医師と矯正専門家が在籍し、患者の個々の状態に合わせたコンサルテーションや治療を提供しています。

自身の歯並びや咬合の状況を確認し、矯正治療の必要性について専門家と相談しましょう。適切な矯正治療を受けることで、歯並びや咬合のバランスを整え、顎関節症の症状を改善することができるかもしれません。

矯正治療の流れ

矯正治療の一般的な流れについてお伝えします。矯正治療は、歯並びや咬合の問題を改善するために行われます。具体的な治療の流れは、個人の状態や治療方法によって異なる場合がありますが、一般的な流れをご説明します。

まず、矯正治療を行うためには、まず歯科医院での相談や初診が行われます。歯並びや咬合の問題を評価し、矯正治療の必要性や適切な方法について相談することが重要です。歯科医師や矯正専門家との相談を通じて、治療プランを立てましょう。

次に、個々の患者に合わせた矯正装置やブラケットの選定が行われます。矯正治療にはさまざまなタイプの装置が存在し、それぞれに特徴やメリットがあります。歯科医師は、患者の状態や治療目標に基づいて最適な装置を選定し、矯正治療を開始します。

続いて、実際の矯正治療が行われます。矯正装置やブラケットを装着し、歯の位置を少しずつ調整していきます。定期的な通院が必要であり、歯の動きをモニタリングしながら装置の調整やメンテナンスが行われます。また、歯の動きを促進するために、特定のエクササイズやケア方法の指導も受けることがあります。

治療期間は個人によって異なりますが、一般的には数ヶ月から数年にわたる期間がかかることがあります。治療の途中で装置の交換や調整が行われることもありますので、正確な診察や定期的な通院は欠かせません。

矯正治療の最終段階では、装置が取り外され、リテンションと呼ばれる保持装置が使用されることがあります。これは、治療後の歯の位置を維持し、後戻りを防ぐために使用されます。

外苑前の歯科医院では、矯正治療に関する専門的なアドバイスや治療が提供されています。歯科医師や矯正専門家との相談を通じて、適切な治療プランを立て、理想的な歯並びと咬合を実現しましょう。

顎関節症の予防法

予防が一番ということで、日常生活で心がけるべき予防法を考えます。

歯のケア

正しい歯のケアについてご紹介します。歯のケアは顎関節症の予防や症状緩和にも重要です。

まず、日常的な歯磨きが欠かせません。歯磨きは朝晩の歯みがき後、歯ブラシを使って丁寧に行いましょう。歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目に当て、円を描くように優しく磨きます。歯と歯茎の間の細かな隙間や歯の表面をしっかりとお手入れすることが大切です。

また、フロスや歯間ブラシを使用して歯の間のお掃除も忘れずに行いましょう。歯ブラシでは届きにくい歯間の汚れや食べかすを取り除くことができます。

さらに、こまめな歯科検診も大切です。歯科医院での定期的な検診を受けることで、虫歯や歯周病の早期発見や治療が可能となります。歯科専門家による専門的なケアや指導を受けることで、口の健康を維持することができます。

口の中の状態を良好に保つために、バランスの取れた食事も重要です。砂糖や酸の多い飲み物の摂取を控え、野菜や果物、カルシウムの多い食品をバランスよく摂取しましょう。また、水分をこまめに摂ることで口内の乾燥を防ぐことも大切です。

歯のケアには、毎日の継続的な努力が求められます。適切な歯磨きやフロスの使用、定期的な歯科検診を行い、専門家のアドバイスを受けながら口内の健康を保ちましょう。

外苑前の歯科医院では、歯のケアに関する専門的なアドバイスや助言を受けることができます。正確な診断と適切なケアを受けながら、口の健康を維持し、顎関節症の予防に取り組みましょう。

ライフスタイルの見直し

ライフスタイルの見直しも顎関節症の予防に役立ちます。食生活や日常の習慣を改善することで、口の健康をサポートしましょう。

まず、食事について考えてみましょう。食べ物の硬さや大きさに注意し、頑張って噛むことを心がけましょう。咀嚼することで唾液の分泌が促され、消化や口内の清掃に役立ちます。また、必要な栄養素をバランス良く摂ることも大切です。

さらに、ストレス管理も顎関節症の予防に重要です。ストレスは歯ぎしりや噛みしめの原因にもなるため、リラクゼーション法やストレス解消の方法を取り入れましょう。適度な運動や趣味、マインドフルネス瞑想など、自分に合ったストレス発散方法を見つけて実践しましょう。

また、姿勢も顎関節症に影響を与える要素です。正しい姿勢を保つことで顎関節への負担を軽減できます。デスクワークやスマートフォンの使用時には、背筋を伸ばし、首や肩の位置に注意しましょう。

睡眠の質も顎関節症に影響を与える重要な要素です。寝る前にリラックスするための習慣を取り入れ、良質な睡眠を確保しましょう。枕の高さや寝た姿勢にも注意し、顎関節への負担を軽減することができます。

ライフスタイルの見直しは顎関節症の予防において重要な役割を果たします。食生活、ストレス管理、姿勢、睡眠の質など、日常の生活習慣を改善することで、口の健康と顎関節の状態をサポートしましょう。

外苑前には、ライフスタイルの面からアドバイスを受けられる専門家が在籍しています。専門家の指導のもと、自身の生活スタイルを見直し、顎関節症の予防に積極的に取り組んでいきましょう。

まとめ

顎関節症への理解から実際のケア・治療、予防法までを一緒に見てきました。

顎関節症の理解の深化

顎関節症の理解を深めるために、症状や原因、治療法などについて学びましょう。顎関節症の症状や影響、生活習慣の改善法を把握することで、自身の症状や治療に対する理解が深まります。また、専門家のアドバイスを受けながら、自己ケアや治療の効果を最大限に引き出すことが重要です。顎関節症の理解を深めることで、症状の軽減や予防に役立てましょう。

これからのアプローチ

これからのアプローチとしては、顎関節症を予防するための取り組みや、症状の改善に向けた努力が求められます。日常生活でのストレス管理や適切な姿勢、食事の工夫など、自身の生活環境を見直しましょう。また、定期的な歯科検診や専門家の診断を受けることで、早期の症状発見や適切な治療を受けることができます。自己ケアと専門家のサポートを組み合わせながら、顎関節症へのアプローチを継続しましょう。顎関節症の症状や治療方法は個人によって異なるため、自身の状態に合わせたアプローチを選びましょう。これからの取り組みを通じて、快適な口の動きと健康な顎関節を目指しましょう。

歯科石上医院
logo
米国補綴専門医を中心としたチーム診療にて、一般歯科から難症例まで高度な治療を行っております。青山に歯医者を構え、自由診療をメインに行うことで、地域の皆様の美しく健康的な歯を維持してまいります。
歯科石上医院

〒107-0062

東京都港区南青山5丁目14-4